2016年2月21日日曜日

[ビエンチャン ホテル併設 置屋情報-3:ソクサイフォン ホテル(Sokxayphone Hotel)]

【ビエンチャン ホテル併設 置屋情報-3】
 ソクサイフォン ホテル(Sokxayphone Hotel)
 ストリートビュー - http://goo.gl/maps/N3jFNDeZCs12
【日時】
 2016/2/3(水) 20:00-20:30
【嬢数】
 10人ちょっと
【レポ】
 とりあえずの下見段階で、メモもほとんど取らずにラ オン ダオ ホテル 1前のトゥクトゥク親父に200バーツで置屋巡りを依頼。

 トムボーイの案内係に待機部屋を見せてもらった。
 真ん中にうつむき加減で無表情の色白嬢がいた。 目を合わせようとしない。

 案内係に年齢を尋ねると目を泳がせながら「(判で押したように)X歳(サポーターページツイート済み)」。
 そんなに若い訳ないだろ!と思い、すぐに反対隣にいたママさんに尋ねると、か細い声で「(やや高めの)X歳」。
 事実なら、いくらなんでもラオス人は成長が良すぎ。

 とにかく、若い年齢を言えばバカが信じて食らいつくと考えているようだ。
 ただ、ババアはいなかった。 平均年齢は若い。

 その他情報はサポーターページツイート